2013年03月22日

3月21・22日 小谷村に行く

今日の旅行をとっても楽しみにしていた。いろいろ書くと長くなるので、旅を簡単に振り返りたい。  
  
役場で行われた村お越し報告会に参加、いろりを囲ってお鍋でお酒と語り合い、温泉は湯だという白馬荘でフルチンダッシュ、お蕎麦とてんこ盛りバラエティー天ぷら、駅のこたつ、いろいろあった。

人口はここ五年ほどで17パーセント減少し、今では約3200人。いろいろな取り組みをしているが、その方向は亀岡でも聞いたことある類いの内容。人が考えることなんて、どこに行ったってあまり変わらない。
危機的な状況なのに、南やら北やらと集落意識から抜け出せない。どこの田舎にいっても抱えている意識はそれほど変わらないんだなと思った。そこで大切なのは、既存意識や集落にとらわれない新住民の存在だと思う。なのに、せっかく来てくれた新住民を集落範囲に留めてしまう小谷村のやりかたはもったいない。結局、こてこて地元民が旧来システムで回して悪循環になるのではないか。亀岡もしかりだが。

わざわざ離職して移住したいかと聞かれたらなかなか「うん」とは言えないが、いい村だった。また来たいかと聞かれれば、即答で「うん」と言う。一泊二日間で出会った人のほとんどが関西人だったので、この村の人がどうなのかはあまりわからない。でも、もてなしの心みたいなのを垣間見たような気がする。温かかった。

犬をお散歩しているひと時は、実にカンガルー日和だった。また散歩に行きたいな。

ほなな
posted by しょごたん at 23:41| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅してる日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/354785951
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック