2013年03月15日

3月15日 教授からインタビュー 異文化トークに花開く

「異文化」をキーワードにし、K教授からインタビューを受けた。4月からの渡航や学生時代のインド旅に話は留まらず、実に楽しい時間を過ごした。  
  
自分の体験をうまく表現できないことに対する苛立ちと諦めがあり、異文化に対する思いをどんどんとしゃべらなくなっていた。「私が体験したものは私だけのもので、私が体験した世界はもうどこにもない」という言い回しをよくするのだが、その思いを「並行する電車」に例えて解説してくれた。「実は先生の講義を一度も受けたことがないんです。先生の考えに触れたのは、この本が始めてなんです」と告白したところ、「それは良かった」と返されたのには驚いた。

海外での生活が長く、いろいろな町にも行っていて、また、いろいろな異文化体験をインタビューしているK教授だからこそ、文化に対するどんな思いを話してもなんとなく分かってもらえるような気持ちになれた。気づけば日の落ちる時間になっていて、「帰ってきたら遊びに来ます」と約束して大学を後にした。

ほなな
posted by しょごたん at 21:23| 京都 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
田畑さん渡米もなさるんですか?うらやましいです!
Posted by きょん at 2013年04月04日 09:17
渡米はまだしてないよ。
Posted by しょごたん at 2015年01月25日 14:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック